もちフリー

お金の問題に向き合わなければ時間と自由は得られない

アクアリウムの記事を沢山読んできたけど、この記事が1番納得できた。

もちフリーです。

相変わらず仕事を終えて帰宅した時の癒しはアクアリウムです。

 

アクアリウムって難易度の高い趣味だなと個人的には思ってます。

 

何もしないとコケで覆われてしまったり、魚が死んでしまったり.....

見るに堪えない負の遺産になる可能性は充分にある。

 

でも、ちゃんと人の手を加えてあげると言葉には言い表せないほどの多彩な姿を見せてくれます。

 

 

顧問のタナカカツキさんのブログが1番しっくりきました。

 

アクアリウムを始めた頃の1番厄介なのがコケ

 

コケについての知識がないうちは、熱帯魚シャップに行って効果のありそうな薬やらソイルやら買ってしまうのですが、根本的な解決にはなりませんでした。

 

コケをバロメーターとして使う

かれこれ6年ほどアクアリウムをやって思うことは、

コケは水槽の状態を誰よりも早く教えてくれるバロメーターだと思えるようになりました。

 

そんな経験を積み重ねた後に出会ったのが

タナカカツキさんという方のブログです。

 

読んでいると、

うんうん♪そのとおりだな!

って思えるいい事がまとめて書いてあるので私の経験談を照らし合わせて解説していきます!

 

 

コケを出さない | 京都精華大学水槽学部の水草ブログ

 

エサを殆ど与えない

ウソでしょ!

死んじゃうでしょ!

って思うかもしれませんが、死なないっていうのが結論。

 

我が家でも、突然の出張で1週間ほど家を空けることがありました。

 

飼っていた魚は、60センチ水槽に

 

 

エサを与えないで1週間経った水槽はどうなるかというと、

魚の健康状態はいつもと変わらず、お腹もスラリとはしていましたが、痩せ細ってはいませんでした。

 

で、1番驚いたのが、ガラスのコケが減って、水の透明度が増したことでした。

 

サンゴの話

ここで、リゾート地で聞いたサンゴ礁の話を紹介します。

 

南国リゾートのサンゴ礁が激減しているというのは既にご存知だと思いますが、

ある研究によると、サンゴの減少は地球温暖化による水温上昇のほかに、

人間が魚に与えるエサが問題となっているという報告があります。

 

普段は水中の藻やプランクトンを食べている魚が、人間から与えられたエサを食べたことでフンの質が変わって、そのフンがサンゴに悪い影響を与えているそうです。

 

市販のエサにも自然由来の成分とだけでなく見栄えを良くしたり、腐らせないようにしたりする成分が多少なりとも入っている訳です。

 

自然界にはほぼ存在することのない添加物を食べた魚のフンは、

自然界のフンとは違うので何かしらの悪影響を及ぼしていてもおかしくはありません。

 

肥料をあげない

水草の元気がなさそうだなと思って肥料をあげると、水草よりも先にコケが成長して、

水草を覆ったコケが水草にトドメを与えて溶けるというのが私の経験則。

 

水草をたくさん入れる

初心者にオススメと言われる

アヌビアスナナやミクロソリウムウィローモスといった水草は成長が遅くて立ち上げ時は逆にコケに侵されやすいです。

 

好きな水草をセットで買って一度にたくさん植えた方がコケが生えにくく、魚が死ぬ事も少ないというのが今までの経験から言えることです。

 

ADAのアクアリウム立ち上げ方法

アクアリウム界で知らない人はいないADAのアクアリウム

動画のとおり、水槽立ち上げ時に水草をふんだんに使っています。


[ADAview] NA Gallery Layout -W180×D120×H60(cm)-

 

はじめのうちは商売だから早く見栄えよく完成させたいんでしょ

って思ってましたが、

水槽を立ち上げる時から水草をたくさん入れた方がコケの大量発生や水質の悪化を起きにくいことに後々気がつきました。

 

 

 

換水

「換水に勝るメンテナンスはなし」

ってまさにその通り。

週に一回1/3ほどの水換えをしておけば大抵うまくいきます。

この週一回の水換えをできない人はアクアリウムをするのを諦めた方が良いです。

 

水換えの効果が顕著に表れるのが水草です。

光合成が活発になって気泡をたくさんつけてくれたりします。

 

生き物の力を借りる

ここまでできたら魚の個性が生きてきます!

エビは狭いところまで手が届くので水槽内の隅々まで綺麗にしてくれます。

イメージ的には棚の誇り落としをしてくれる役目

 

オトシンクルスやブッシープレコといった吸着系の魚は薄く生えたコケを舐めとってくれます。

 

ほったらかしにする

ここまでの内容を振り返ると、人間ってほとんど手間をかけていないんです。

水換えを週一して、

たまに餌をやれば良いだけなんです。

 

ソイルを使うと知らぬ間に水槽内で生態系が出来上がって、水草も魚もすくすくと育っていきます。

 

理想はうっすら生えたコケ

水草も魚もすくすく育っていて、透明度の高い水槽にはコケが全く生えていないのかというとそんなことはありません。

ガラス面を手で擦るとうっすらと緑色に染まります。

このうっすら生えたコケの状態がベスト!

 

水槽のことについて端的にまとめてあるタナカカツキさんのブログはオススメです♪