もちフリー

お金の問題に向き合わなければ時間と自由は得られない

おっさん達帰るの早くね!若手を置いてサッサと帰る上司が気になる

最近残業が多いもちフリーです。

残業多いいってどのくらいかというと、月に100時間ほど。

 

現場監督の時に比べると残業少ない方だけど、

ですワークでの残業もなかなか疲れますなぁ

 

 

オッサン達帰るの早くね!!

最近気になってるのは、

オッサン達の退社が早いこと

 

 

役職が付く40代以上のオッサン達、

ほんと定時で帰るんだよ。

 

誰にも目を合わさずに誇らしげに帰って行くのが最近気になってしょうがない。

 

1日の中で1番誇らしげ。

 

役職って言うのは、課長とか部長とかの肩書きができる人たちのこと。

社内には10〜20%くらいいるかな。

 

 

何で早く帰れるのか?

仕事を人に振れるから、

ヒラ社員の人たちは仕事を振るあてがないから自分で消化するしかないわけ、

 

「俺も昔は残業しまくって、上司の言うことを飲み込んで仕事をしてきたんだぞ.

この立場になりたかったら直向きに頑張りなー」

 

って飲みの席で言われたこともあった

 

 

もう1つの理由

役職になると残業代がつかない。

やった分だけ損って考え方が浸透してる

自分が抱えられらる仕事だけ無難にこなして、あとは放り投げる。

 

これが出来上がった大企業の典型的な例ではないか?

 

こんな上司が腐るほどいる中で会社か成り立っているのは、

必死で食らいつく若手社員・派遣社員・中小企業のお陰と言うほかない。

 

だから、一緒に働いていると言える人達には、会社の大小に関係なく頭が上がらない。

 

 

尊敬できる上司はいる

そんな中でもヒラ社員と一緒になってガムシャラになって仕事をしてくれる上司はいるが、かなり少ない....。

そんな苦しみを分かち合って仕事をしてくれるのは会社の1%未満という現実

 

ヒラの苦労を汲み取ってみんなが早く帰れるように引っ張っていける上司になりたい〜

 

みんな始めの頃はそう思って仕事をしていたんだろうな...

 

悲しき現実に直面している日々でしたー

 

そんな感じ