もちフリー

お金の問題に向き合わなければ時間と自由は得られない

ブルーレイディスクレコーダーの購入を考えて、価格と機能に向き合ってしっくりきたのはソニーでした。

 

 映画が見たい!

しかもブルーレイで!

 

連休が近づくと映画が見たくなる、

映画館で見るのもいいけど、家でラフな格好でダラダラ観るのも大好き

 

でも、たまにしか見ないからあまりお金をかけずに家のテレビで見れるようにしたい人向けにオススメのブルーレイプレイヤーを紹介します。

 

紹介するのは「ソニーのBDP-S1500 BM」

どれにしようか悩んだ挙句、ソニーのBDP-S1500 BMを選びました。

 

 

DVDとブルーレイの違い

今やTSUTAYAの新作コーナーの約半分がブルーレイになっています。DVDもブルーレイも同じ値段でレンタルできますが、画質は雲泥の差があります。

 

具体的にDVDとブルーレイの差を比較してみると、

DVDの画素数は35万画素、ブルーレイの画素数は207万画素です。

単純にブルーレイはDVDの6倍弱ほど画質が良い。

 

ちなみに地上デジタル放送の画素数は約156万画素なので、普段見ているテレビ番組よりもブルーレイ映像の方が鮮明に見えるということです。

 

ブルーレイを見る上で必要な機能といらない機能

ブルーレイ機器と言っても、

読み込むだけのモノからテレビ番組を録画できたり、二重録画できるモノまでいろいろな種類があります。

 

よって価格も2万円〜10万円オーバーのモノもあり幅広いラインナップです。

 

あとは自分がどういう使い方をするかです!

 

ブルーレイに番組を録画する必要はない!

今ってテレビ番組の予約はテレビ本体ですることができます。さらに、外付けのHDD(ハードディスク)をつければ容量は無限に増やすことができるわけです。

 

番組をブルーレイに録画して、番組ごとにブルーレイで管理する手間はもう昔の話です。

 

だから、録画はテレビ本体の機能と被ってしまっているので、もっとシンプルにしてなんら不便はないのです。

 

そうすると、ブルーレイレコーダーに求められる機能は、

ただブルーレイを再生してくれればいいだけ

 

実は、ブルーレイに録画せずに再生するための機器が別に存在します。

ブルーレイプレーヤーというものです。

 

ブルーレイプレーヤーは再生のみの機能に絞っているぶんブルーレイレコーダーよりも大きさも値段もガクンと落ちます!

 

競合機種は3種類

1万円以下の価格帯で有名ブランドの機種は3種類ありました。

詳細を見ていくと、

  パナソニックDMP-BD90 LGエレクトニクスBP350 ソニーBDP-S1500 BM
寸法 幅245mm×高さ38.5mm×奥行175mm 幅270mm×高さ43mm×奥行195mm 幅230mm×高さ39mm×奥行194mm
質量 0.8kg 0.83kg 0.8kg
付属品 リモコン リモコン・HDMIケーブル リモコン
対応メディア BD(1層)/BD(2層)/DVD/CD BD(1層)/BD(2層)/DVD/CD BD(1層)/BD(2層)/DVD/CD
フルHDアップコンバート
クイックスタート ×
USB接続
youtube ×
動画配信サービス × ×
wifi内臓 × ×
最安価格 8302円 7180円 9272円

 

 

 

起動時間が超早い

電源を入れた瞬間に使えます。

その時間1秒以下。

テレビと同時に立ち上げると、ブルーレイプレーヤーの方が先に立ち上がっているので、待ち時間ゼロでした。

 

YOUTUBEが見れる

聴きたい音楽やふと思い出した映画やドラマの1シーンを見たいはYOUTUBEで調べると大抵のものは見れてしまう時代です。

 

YOUTUBEをパソコンやスマホではなく、テレビで見れたらテレビ番組を見る感覚でYOUTUBEを楽しむことができるようになります。

 

自分のYOUTUBEアカウントでログインしておけば、チャンネル登録しているお気に入り動画を大画面で楽しむことができます。

 

 

NETFLIXのアプリが使える

世界最大規模の映像配信サービスのNETFLIXが見れます。

既にリモコンにNETFLIXボタンがあるので、一瞬で映画を楽しめるようになっています。

有料になるので、まずはスマホやパソコンで契約をする必要があります。

プランは3種類あります。

ブルーレイ並みの画質にこだわるなら月額950円のスタンダードにする必要がありそうです。大連休中に1ヶ月無料お試しするのもありですね。

 

使ってみての感想

サイズは文庫本2枚横並びにしたくらいのサイズ

箱の中身もいたってシンプル

 

接続は簡単で、3つのケーブルを繋ぎ込むだけ

  1. 電源ケーブル
  2. HDMI
  3. ネットケーブル

ただ、テレビに音声と映像を映し出すHDMI端子は付属していないので、追加で1000円くらいの出費がありました。

 

 

まとめ

ブルーレイ映画を見るだけのつもりで探し始めたのに、ネットに繋げてYOUTUBEなどのネット配信サービスまでも気軽に見れる機器を1万円弱で購入することができました。

ソニーのブルーレイプレーヤーBDP-S1500 BMは買って正解と思えたので、サクッとまとめました。ブルーレイプレーヤー購入を考えている方には超オススメの製品ですよ。