やまもち

お金の問題に向き合わなければ時間と自由は得られない

【でん道】本場明石の鉄板焼きのお店を長野県の松本市で!素材にまでこだわったダシが決め手のお店

鉄板焼きの本場といえば、広島と大阪!

 

いやいや、もう一箇所あるんです!

 

明石です。

そんな明石本場の鉄板焼きが遥か北にある長野県松本市で味わう事が出来るお店があるんです。

 

鉄板焼き「でん道」について紹介しますよ。

 

場所はこちら、

住所:長野県松本市高宮北17−7

営業時間:平日18:00~23:30

     休日11:30~15:00,17:30~23:00

 

 

松本駅から車で10分程の場所にあるため、徒歩では行けない距離です。

 

お店の周りにはオシャレなケータリングカーが止まっています。

実はこちらのお店(でん道)は出張でケータリングカーのサービスもしていて、長野県内であれば無料で来てくれるそうです。

 

店内は手前がテーブル席、奥が座敷になっています。

 

座敷にはお面のコレクションが飾られてましたー。

座布団がまた年季がはいっています!

この塗装が剥がれて生地が露出している感じ、昔からの人気店って感じでいいですよね〜。

 

豊富な「でん道」のメニュー

メニューは豊富です!

鉄板焼きは大抵網羅しています。

 

どれも店主が各地の鉄板焼きを食べ歩いてオリジナルを加えたメニューだそうです。

詳しい説明はメニューの裏に書いてある店主のプロフを見るといいですよ。

挫折を味わいながらお好み焼きに掛けた思いがヤケドしそうな程熱い!

 

 今回注文したのは4つ

 

 ふわとろな食感の明石焼き

明石焼きは専用の白だしにたっぷり浸けていただきます。

外はふわふわしてて、箸でつまんだだけで崩れてしまいそうなくらい柔らかいです。

 

これを白だしにつけれたら....

 

もう、やわやわ〜

中も外もとろーりしていて大きなタコの食感が際立つ絶品です。

 

 

モダン焼き

お好み焼きと焼きそばがコラボしたモダン焼き

甘口のたれが焼きそばに絡めてあるので、自分でトッピングしなくてもそのまま食べれます!

だし焼き:チーズ明太子

『でん道』のイチオシ「だし焼き」

オムレツのMサイズくらいの大きさ。

こちらも特製の白だしに浸けていただきます。

 

端のところをスプーンですくってみると、

端っこにも関わらずダシがしっかりと絡めてあります。

こちらも中も外もフワッフワ♪

どれも軽い食感でもう一品頼めそうなほど食べやすい鉄板焼きでした。

 

最後に「ふわっふわのかき氷」

食後の定番らしく、周りのお客さんも注文してました!

出てきたのは、丼ぶりに盛られた白いかき氷!

荒削りされているのにふわふわしたかき氷は食べ応え満点!

 こちらもあっさり完食

 

食後のまとめ

鉄板焼きのお店で食べているとよくある現象、

  • 妙に喉が渇いたり、
  • 舌にダシの味が残って気になったり...
  • いつもより少量でお腹が膨れる

そんな経験ありませんか?

舌もお腹も敏感な私は、本当によくあります。

 

喉が乾いたり舌に味が残るといった原因はどうやら化学調味料を使っていた場合に起きるそうです。

 

つまり、大抵のお店は、安くて簡単に味をつけるために、大量の化学調味料を使っているそうです。

 

でも、「でん道」は違っていました!

素材からこだわりダシを作り、丁寧に焼き上げたふわとろの一品を味わえる庶民的なお店です!

 

車で松本に遊びに来た方は是非行ってみてください。